ホーム > スポンサー広告 > 象使いの故郷「スリン」ホーム > スリン > 象使いの故郷「スリン」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ プーケットしまかぜ案内人 ] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

象使いの故郷「スリン」

タイランド・イサーンエリアおススメホテル予約サイト♪

さっわでぃ~かっぷ
プーケットで象使いもしているしまかぜ案内人です(笑) プーケットにある象乗りは、象の背中に乗って山登り~。
そして、海が見えちゃう象乗り場なんてものもある。ただ、プーケットには実際に象は住んでいないらしく、象使いさんに聞くと、「この象も僕もスリンから来た~」っと。そんなこんなで「象使いの故郷」と名高い「スリン」へは以前から本当に来てみたかった場所だったんです。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

今回は、イサーン付近の遺跡巡りの途中で念願の「スリン」に訪れることができました。バンコクから鉄道に乗ってくると8時間くらいかかる場所。毎年11月に象祭りというタイ全土から象が数百頭集まって行われる大きな出し物があるのは有名な町です。実際スリン駅の目の前にも大きな象の像が建っていて、さすが「象使いの故郷」といわれるだけあるな~っと思いました。

遺跡観光の中継地点としてもとても便利で、あのカンボジアとの国境にある「カオプラウィハーン」にも訪れられる場所で、街から少し離れると、なんと僕が行こう!と思っているエレファントキャンプ場もあります。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

スリン」は、「イサーン」地区にあり、僕自身は「絶対に田舎町」というイメージがあったんですが、スリンの町は意外に栄えていましたよ。駅を中心に広がっていて、十字路がいくつもあり、各ブロックに綺麗に建物が並んでいる所は、あまりタイっぽくないな~っと感じるくらいに綺麗。この意外に整備された町並みを見て、「イサーン=貧しい」イメージが消えた。スリン駅周辺は、徒歩5分弱で長距離バスターミナルにもいけて、昼間は市場が栄えているエリアです。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

夜になると食べ物屋台がずらりと並ぶナイトマーケットエリアがあり、入り口に男性客を待つたくさんの女性が座るタイ風パブ、大小様々な活気あるレストラン、若者が集まる近代的な大きなディスコとナスポットが集まるエリアもありました^^重要な建物は全て歩いていける場所にあり動きやすい町だったです。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

もちろん昼間に遺跡をグルッと巡った後、写真を整理して、夜、夕ご飯を食べに行きました~。駅の東にあるレストラン街でご飯を食べて、ちょっとナイトスポットエリアに寄って1杯飲んできましたが、意外に盛り上がっていてて楽しかったですね。今回は象祭りに参加できなかったので、次回は11月にスリンにまた行きたいな~。

スリン駅周辺の詳しい写真を見る♪

タイランドおススメホテル情報毎日更新中♪



スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

しまかぜタイランド

Author:しまかぜタイランド
プーケットしまかぜ案内人がバンコク、チェンマイ、プーケットの格安ホテル、クチコミ情報、レストラン、観光ツアー情報をお届け中♪

世界のお土産
羽田空港ペットホテル
エクスペディアのホテル予約
アジアおススメツアー
HotelClubのホテル予約
格安航空券予約


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。