ホーム > スポンサー広告 > 世界文化遺産 スコータイ遺跡制覇 その7ホーム > スコータイ遺跡巡り > 世界文化遺産 スコータイ遺跡制覇 その7

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ プーケットしまかぜ案内人 ] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

世界文化遺産 スコータイ遺跡制覇 その7

スコータイ遺跡巡りに役立つホテル情報満載♪

さっわでぃ~かっぷ
スコータイ地方は、例年5月頃が一番暑い事を知らずに遊びに来た しまかぜ案内人です。現在お世話になっているゲストハウスのオーナーの情報によると、11月ぐらいから4月ぐらいが涼しく、丁度良い季節との事です。その時期のプーケット島は、乾季の真っただ中!シミラン諸島でのダイビングクルーズのシーズンでお休みは取れません。空気も違うのかな~?それにしても、この暑さは参りますネ…

日傘と日焼け止めと水分補給は欠かせません!!日射病にならないようにご注意を^^
スコータイ遺跡公園の城壁内は、大きな木が沢山生えていて、空気は美味しい!木陰は涼しい!と、自然豊かなプーケット島に似ていますね。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

スコータイの王室寺院「ワット・マハータート」から南西側に約350mの場所に位置する「ワット・シー・サワイ」。ロッブリー様式の大きな3つのプラーンが並んでいました。もともと、ヒンドゥー教の神殿として建てられたそうですが、後に仏教寺院となったそうです。プラーンとは、クメール様式の塔堂の事だそうです^^何だか、圧力があるというか、とても存在感を感じる程の迫力にちょっと圧倒されました。

とっても重そう…基盤がしっかりと作られていると信じ、プラーンの内部に入ってみました。天井が高く、真っ暗で怖かったです。ガイドブックによると、中央の仏塔(チェディ)は、内部のトンネルで聖堂と連結しているようですが…聖堂がどこか分かりませんでした。もしかしてこの横の仏塔を指すのかな??

橋を渡るとスリランカ様式の釣鐘型の大きなチェディが真近に見学できる「ワット・スラ・シー」♪
更に南西にある「ワット・トラパン・ングン」。隣には、大きな池があり“銀の池”と呼ばれているそうです。
その他に、“金の池”という名前もあり、城壁の外側にある「ワット・トラパン・トーン」が浮かぶ池を指すとのこと。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

お金持ちになりそうなネーミングですね!誰がつけたのでしょうか?蓮のつぼみの形をしたチェディは、スコータイ様式のものです。その上には、立仏像と遊行仏像が納められていました。レンガの上に坐る仏像は福をもたらすとされる、たっぷりとした福耳。仏像は、耳が垂れている方が好きですね~^^

指先まで流れるようなフォームが特徴の、遊行仏の浮き彫りは、とっても美しい。保存状態も良く、とっても神秘的でした。また、少し奥に行くと、礼拝堂跡と思われる土台と柱が残っていました。ここは、現代とも思えない不思議な空気が流れていました。遺跡独特の静けさが響き渡る雰囲気ですね。ちょっと背中がゾクゾクするような?
遺跡巡りは沢山歩くのでヘトヘトになりますが、この感覚と歴史を遡り想像するのが楽しいです。

タイランドをのんびり旅する為のホテル情報♪

バンコク観光案内情報♪


スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

しまかぜタイランド

Author:しまかぜタイランド
プーケットしまかぜ案内人がバンコク、チェンマイ、プーケットの格安ホテル、クチコミ情報、レストラン、観光ツアー情報をお届け中♪

世界のお土産
羽田空港ペットホテル
エクスペディアのホテル予約
アジアおススメツアー
HotelClubのホテル予約
格安航空券予約


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。