ホーム > スポンサー広告 > 世界文化遺産 スコータイ遺跡制覇 その1ホーム > スコータイ遺跡巡り > 世界文化遺産 スコータイ遺跡制覇 その1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ プーケットしまかぜ案内人 ] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

世界文化遺産 スコータイ遺跡制覇 その1

遺跡巡りに便利な格安ホテル情報♪

さっわでぃ~かっぷ
プーケット島でダイビングのガイドをしているしまかぜ案内人です♪ 
只今の雨期は、シミラン諸島も半年間の眠りに入り、クルーズガイドもひと段落!そこで、タイをもっと知りタイ!!と、のんびりタイランドを旅しようっと思う今日この頃です

先日しまかぜ案内人は、ユネスコの世界文化遺産に指定されているスコータイ遺跡に行きました!スコータイ王朝は、アユタヤー王朝よりも歴史は古く、タイ人による初めての独立国家の地です。「幸福の夜明け」という意味をもちますが、第3代王ラームカムヘン(在位1279~1300年)の時代がスコータイ王朝の黄金期とも言われています。

「水に魚あり、田んぼに米あり…」とうたわれ、
クメール文字を改良したタイ文字を定めました中国との貿易マレー半島全域からベンガル半島までを支配下に置き、とても繁栄したようですね。当時のタイ人も凄く輝いていたのかな~??遺跡に手を置いてみると、その時代の人々の笑い声が今にも聞こえてきそうな感じがしました^^

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

スコータイ王朝では、スコータイシーサッチャナーライカムペーンペッなどと代表されるようなタイ独特の建築を確立しました。それは、アンコール・ワットの代表的なクメール遺跡を元にスリランカの様式を加えたものでした。1378年にスコータイ王国は、王位継承者が途絶え、スコータイ王家の親戚であったアユタヤー王朝のラーメースワン王子(後のボーロマトライローカナート王)が後を取る形で、アユタヤー王朝に吸収され消滅してしまいましたが、その輝かしい約140年間の物語が今現在もここに沢山残っています。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

スコータイ遺跡公園の中で、しまかぜ案内人の一番のお気に入りとなった寺院は、ワット・マハータートです。
遺跡公園の城壁内、ほぼ中央にあり、最も重要な王室寺院のようですが、増築・修復を繰り返した為、構造はとっても複雑。一瞬、迷路に迷いこんだ錯覚を起こしました…。約200M四方の敷地には、多くの塔や礼拝堂が残っていますが、昔建物にあった屋根は残っていません。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

中心となる仏塔は頂上を良く見ると蓮の蕾の形の飾りがあり、台座には釈迦の弟子達と釈迦座像の装飾が施されていました。東側にある2列に並ぶ柱の間の高いレンガの土台に座る巨大な仏像は、魅力的な存在で目立ちました!
日中は日の光を浴び所々に影を落とし、夕暮れ時間近の太陽が沈みかけた瞬間、ちょっと離れた場所から見る光景は息を呑む程に綺麗で、言葉を失ってしまいました。脳裏に焼きついたあの光景は、今も忘れる事が出来ません。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

この「ワット・マハータート」と名の付く寺院や仏塔は、ここスコータイの他にアユタヤーやバンコク、ペッチャブリー(ペップリー)やヤソートーン、ナコーン・パノム、ピサヌロークなどなど...タイ王国全土に多数存在します。プーケット島には…やっぱりないようですね~。遺跡があったらもっと素敵な島になるのになぁ…
なんて^^いずれは全部の箇所をゆっくりと見学してみよう!と秘かに考えるしまかぜ案内人でした!

スコータイおススメホテル口コミ情報♪

スコータイ遺跡巡り写真館♪

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

しまかぜタイランド

Author:しまかぜタイランド
プーケットしまかぜ案内人がバンコク、チェンマイ、プーケットの格安ホテル、クチコミ情報、レストラン、観光ツアー情報をお届け中♪

世界のお土産
羽田空港ペットホテル
エクスペディアのホテル予約
アジアおススメツアー
HotelClubのホテル予約
格安航空券予約


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。